血糖値を下げる!おすすめのサプリはこれ

当サイトは血糖値を下げるために摂りたい成分を配合したサプリメント、飲み物などを紹介しています。

 

血糖値を下げる成分として

  • サポニン
  • イヌリン
  • ALA

 

などが良いとされており、中でもサラシアやALAは検証結果からも実際に数値の改善に変化が見られたこともわかっています。

 

糖尿病は恐い!

 

いまや40代の5人に1人が隠れ高血糖とされ、糖尿病予備軍に分類されています。糖尿病は一度発症すると完治が難しく、同時に高血圧・腎不全・白内障などの合併症も起こすリスクがある、非常に危険な病気です。

 

健康診断や日々の生活から血糖値が高め、気になる場合は、早めの対策をしていくことが大切です。

 

白井田七

白井田七は、血糖値に加え、血圧・糖尿の改善に良いとされるサポニンを配合したサプリメントになります。田七人参に多く含まれるサポニンは、漢方系の成分として、糖の代謝や体内の巡りを良くする働きがあります。サポニン以外にもポリフェノールや必須アミノ酸など健康に欠かせない成分も含まれています。また、白井田七は、余計な添加物を一切使わず打錠により粒化しているため、有用成分だけを摂ることができ安心です。当サイトより15日間の返金保証付購入が可能です。

 

 

ルックルックイヌリンプラス

ルックルックイヌリンプラスは、血糖値が高めの方におすすめのイヌリン配合サプリメントになります。菊芋に含まれるイヌリン(食物繊維)と呼ばれる成分が、糖の吸収や排出をサポートします。さらに、サラシア・桑の葉・ナットウキナーゼなど糖質をはじめ、血管・血液の健康を助ける成分も含まれます。当サイトより特別キャンペーン購入可能です。

 

 

アラプラス 糖ダウン

アラプラス 糖ダウンは、高めの血糖値が気になる方におすすめのALAサプリメントになります。ALAは摂りすぎた糖を燃焼しエネルギーに変える働きがあるため、血糖値の上昇を防ぐことができます。これは臨床試験により証明されており、結果、機能性表示食品に認められています。1日1回飲むだけの手軽な高血糖対策が可能です。

 

 

 

血糖値は何を示す数値なの?

 

 

血液中のブドウ糖を血糖といいます。そのブドウ糖の量が血液中にどのくらい存在しているのかという値が血糖値であり、量が多ければ高く、少なければ低いということになります。

 

一般的には血糖を下げる働きのあるインスリンと血糖を上げる働きのグルカゴンという物質によって、体内で調整されて一律の濃度を保っていますが、インスリンの働きが低下すると必然的に血糖が上がって血糖値も高まります。そして血糖値を下げる働きをするのはインスリンしかないということも同時に覚えておきましょう。

 

では血糖値が高いと何が悪いのかということですが、一番は糖尿病になりやすいということです。血糖値が高いまま放置していると糖尿病が引き起こされ、さらには血液がドロドロになることで動脈硬化なども引き起こされてしまいます。

 

ですので定期的に血糖値は調べておく必要がありますが、血糖値というのは炭水化物を摂取すると上昇するので、食後に調べても意味がありません。調べる際は前日の夕食から食べ物を口に含まずに翌朝の血液を採取するという方法だということも覚えておきましょう。

 

また血糖値は整脈血、動脈血、毛細血管とそれぞれで異なる結果になりますが、基本的に静脈血を採取するでしょう。何にしても血糖値というのは、高すぎると最終的には命に関わる病気を引き起こしてしまう可能性があります。

 

また低すぎても、それはまた低血糖症という危険な状態に陥りますので、平均的な数値を保つように意識することが大切です。自覚症状があまりないので、定期的に血液検査を受けて自分の血糖値を把握しておくことをオススメします。

 

血糖値の基準値、糖尿病と診断される数値は?

 

年齢を重ねうちに血糖値などが気になるようになってきますが、調べるにしてもどのくらいが平均なのかを知っておく必要があります。基本的な平均値を知ることで、自分の血糖値の高低が分かりますし、知らなければ調べても意味がありません。

 

まず血糖値を測る際の注意点ですが、血糖値というのは食後に上昇してしまいます。ですので血糖値を調べる際は食後2時間のものと食後8時間以上絶食した場合のものを調べます。

 

もちろんそれぞれで血糖値の基準値は異なりますが、まず食後2時間に調べた際の基準値が140mg/dl未満となります。また8時間以上絶食した際の基準値が70〜109mg/dlとなっています。

 

一般的には夕食から絶食を始めて翌朝の血糖値を調べるという方法で検査することが多いので、基準値としては70〜109mg/dlという数値を見ることが多いですが、食後に検査して大幅に上回っても心配はいりません。

 

またもし糖尿病などを患っている場合はこの数値を上回ってきますので、食後の検査でも140mg/dlを上回ったら糖尿病を疑いましょう。

 

定期的に健康診断を受けている方は分かるとは思いますが、何時以降は食べ物を食べないようにと言われますが、それはこういう検査に影響が出るためになります。この基準値となる平均的な数値を知っておけば、自分の血糖値が高いのか低いのかが分かります。これで医師に大丈夫と一言で片付けられても、自分で大丈夫な理由が理解できるので安心感も増すのではないでしょうか。

 

血糖値が高くなる原因は食生活の変化?

 

 

血糖値が上がるのは食後ですが、食後以外ではどういう時に血糖値が高くなるのか知っておきましょう。血糖値が高くなる原因というのは意外と多く、遺伝・肥満・食生活・ストレス・運動不足・寝不足・喫煙・飲酒などが挙げられます。この中で特殊なのがやはり遺伝であり、両親が糖尿病だった場合に血糖値が高くなってしまうことがあります。

 

遺伝以外の原因は日常生活におけることですので気をつけておく必要がありますが、そもそも血糖値だけではなく多くの健康障害を引き起こす原因になりますので、気になる方は生活改善を心掛けましょう。

 

そもそも高血糖が目立ち始めたのは戦後からで、食生活が欧米化したことが一つ挙げられております。野菜や魚中心だった食事が肉や油を使うものになったことで、血糖がどんどん増えてしまいます。血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されますが、食生活を変えない限り、体内で分泌されるインシュリンが間に合わなくなり血糖値が高くなってしまうということが引き起こされます。

 

病院などで血糖値を下げるためにインシュリン投与をしますが、それ以外にも空腹時や運動時も血糖値は下がります。ですので日常生活を送る上で多少の運動をしたり食生活を改善したりすることをオススメします。もちろん血糖値が高いという状態が続けば、糖尿病を始めとした様々な病気を引き起こしてしまいますので、どうして自分で下げることが出来ない場合はすぐに医師に相談してください。

 

血糖値を下げる方法

 

 

健康診断を受けて血糖値が高いという指摘を受けた場合、そもまま放置してしまうともちろん糖尿病を引き起こす恐れがあります。自覚症状もないので安心してしまいがちですが、糖尿病だと気付いた時には進行していて治療が大変になることが多いです。ですので血糖値が高いと言われたら、すぐに下げることを考えてもらいたいのですが、その為には血糖値を下げる方法を知っておく必要があります。

 

下げる方法は様々ですが、すぐに出来ることは食生活を改善させるということになります。炭水化物は血糖値を上げるのでご飯、パン、麺類は避けた食事を心がけてください。

 

また、肉類ではなく魚類を中心とした食事に変えていくことや野菜をしっかり摂取してカロリーを気にするようにしましょう。調理方法に関しても砂糖を使わないようにすることでより血糖値の上昇を防ぎます。

 

食生活の改善以外でも運動で血糖値を下げることができます。無理をする必要はありませんがウォーキングやジョギングといったような有酸素運動をすることで血糖値を下げることに繋がります。ただ血糖値を下げすぎると低血糖症になる恐れがありますので、無理な食事制限によって空腹になった状態などで運動することは避けてください。低血糖症になると昏睡状態などに陥ることもありますので非常に危険です。

 

食生活の改善や運動でダイエットにも繋がりますし健康にも繋がりますので、色々な面でメリットがあるということを頭にいれて始めてみてはいかがでしょうか。

 

血糖値を下げる食べ物を積極的に摂る

 

食生活の改善をすることで血糖値を下げることが出来ますが、食べ物を意識することでさらに血糖値を下げることが可能になります。では、血糖値を下げてくれる食べ物ですが、食物繊維やミネラル類であるクロムが多く含まれているものになります。

 

食物繊維というのは糖質の吸収速度を遅らせる働きがあり、食後に血糖値が上昇しますが食物繊維を摂取するとこれを防いでくれます。具体的な食材としてはごぼう、かぼちゃ、きのこ類、こんにゃくなどが挙げられます。

 

次にあまり聞きなれないミネラル類の一種であるクロムですが、これはインシュリンの働きを促進させてくれます。そうなると糖質をより分解することで血糖値は下がっていきます。クロムが含まれている食材はナッツ類、貝類、きのこ類になりますので積極的に摂取することをオススメします。

 

また、玉ねぎもイソアリインという成分が含まれており、インシュリンの働きをすることで血糖値を下げる食材になります。量としては1日に4分の1玉程度を食べれば十分でしょう。

 

それ以外でも、オクラや沖縄で有名なシークァーサーも血糖値を下げてくれる食材になります。炭水化物を避けたり、肉類中心から魚類中心にするだけでも、もちろん血糖値の改善に繋がりますが、さらに食材にも気を使うことでより高い効果を期待することができます。

 

特に血糖値が高すぎたりする方はこういった細かいところまで意識することが大切です。もちろん健康にもいい食材ばかりだということは言うまでもないでしょう。

 

血糖値を下げる運動はどんなもの?

 

 

血糖値を下げる一つの方法として運動をするということが挙げられます。運動をするとどうして血糖値が下がるのか…それはインシュリンの働きが活性化するからです。

 

血糖値を下げることが出来る体内で分泌される物質はインシュリンしかありませんので、その働きが活性化すれば血糖値を下げることに繋がります。また血糖というのは血液中のブドウ糖のことを言いますが、運動をするとブドウ糖が筋肉に取り込まれるので血糖値は下がるでしょう。こういった理由もあって運動は血糖値を下げることに最適です。

 

注意点としては合併症や心臓疾患などで運動があまり出来ないという場合は無理をしないようにしてください。どうしても運動をしたい場合、事前に医師に相談することをオススメします。

 

また空腹時に運動をすることにも注意してもらいたいのですが、空腹時は血糖値が下がっていますので、その時に運動をすると低血糖症になってしまう可能性があります。

 

では運動方法はどういったものをすればいいのかということが気になっているとは思いますが、結論から言うと軽い運動でかまいません。例えばウォーキングやジョギングなどで大丈夫ですし、もっといえば仕事帰りや買い物の帰りに、遠回りをして歩いて帰ったりするだけでも効果はあります。

 

大切なのは15分以上の軽く汗をかく程度の有酸素運動をするということです。疲れを実感しないと本当に効果があるのか不安になってしまうかもしれませんが、しばらく続けてみて効果を実感してください。

 

血糖値が高いまま続くと…糖尿病だけじゃない

 

 

血糖値が高い状態は、血管の中に糖が多く含まれているということになります。その際に身体にはどういう影響があり、さらに血糖値が高いことでどういった病気になるのかを知っておきましょう。

 

そもそも血糖値がなぜ高まっていくのかというのは、ホルモンの一つであるインシュリンの分泌が追いつかないということが最大の理由になります。インシュリンが唯一の血糖値を下げる手段ですので、分泌が間に合わなければ血糖値は高まる一方になります。

 

分泌量が下がった場合と血糖値が増加し続けているというどちらかですが、どちらにしてもこの状態が続けば血液はドロドロになって、増えすぎた血糖は尿に溶かして排出されますが、これが糖尿病です。

 

さらにドロドロの血液は血管を傷つけ、そこにかさぶたが出来て動脈硬化に繋がってしまいます。動脈硬化になれば酸素や栄養素、エネルギーなどの取り込みにくくなることで更に血糖値が上昇してしまいます。つまり悪循環に陥ってしまうということになります。他にも弊害として高血圧・神経障害・肥満にもなります。肥満の方に糖尿病の人が多いですが、きちんと理由があるということを覚えておきましょう。

 

とにかく血糖値が高まった状態を放置すると様々な病気を引き起こしてしまうのはもちろんのこと、最終的には昏睡状態になったり命の危険性もあります。また血糖値が高くても自覚症状がありませんので放置をしてしまう方が多いですが、早期に発見しなければ糖尿病などを患ってからでは遅いので定期的に検査を受けることをオススメします。

安心してFXを始めることができる